賃貸ではなく分譲の中古マンションを選ぶメリット

中古マンション購入 注意点

 

中古マンション購入の注意点を知っていますか?

 

中古マンションといっても、賃貸向けに建てられたものなのか、分譲向けに建てられたものなのかによって建物の質が大きく異なっています。

 

分譲向けのものはやはり壁が厚かったり、内装や素材にこだわっていることが多いので、実際にそこに住んだ時の快適さは大きく異なります。

スポンサーリンク

仕事の疲れをいやしてくれる住まいの空間が快適であることは、生活の質をアップすることにもつながるので、中古マンションを借りるのではなく購入することの大きなメリットと言えます。

 

中古マンションを賃貸で借りて生活する場合には、賃料が発生します。

 

賃料は一般的には2年ごとの契約になりますが、契約更新の時に値上げされてしまうこともあるでしょうし、もしもその部屋の所有者が部屋を売却するような場合には、退去しなければいけないこともあるかもしれません。

 

しかし分譲で自分が購入すれば、住宅ローンは2年ごとに値上がりすることはありませんし、突然他人の都合で自分が引越ししなければいけないという心配もいりません。

 

ドンと腰を落ち着けて生活できるのが、分譲マンションを購入するメリットなのです。

自分好みの住まい空間にできる

中古マンションのリフォーム

 

また、分譲マンションを購入すると、住まいの空間は自分の好きなようにリフォームできるようになります。

 

もちろん、集合住宅なのでリフォームなら何でもOKというわけではありませんが、キッチンをおしゃれで使いやすくリフォームしたい時や、バスルームを少し変えたい時などは、自分の好みで生活空間を作り替えることができます。

 

賃貸物件では基本的に借主がリフォームするなんてことはできませんし、釘やねじを壁に打つことさえ所有者に相談しなければいけない物件なども中には存在するものです。

 

そう考えると、生活空間のアレンジに関して自由度がとても高いという点は、分譲マンションのメリットになります。

 

その他、中古マンションを購入することは資産を手に入れるということにもなり、手放した時に利益を出すことも可能という点も、分譲タイプのメリットです。

中古マンションで知っておきたいこと

中古マンションが新築マンションよりもリーズナブルに購入できることは多くの人が知っています。

 

新築マンションとして購入しても、少し住んだだけでその物件は中古マンションという扱いになってしまうため、ほとんど新築と変わらない状態でも新築マンションと同じ価格で販売することは難しくなってしまうものです。

 

中古マンションの場合、築年数がたつにつれて少しずつ売り出し価格も下降してきます。

 

築15年までは少しずつ価格が下がっていき、築15年を迎えることには新築の頃と比べると価格は57%低くなってしまいます。

 

同じ調子で価格が下がり続けると、築30年を迎える前にマンションの価値がなくなってしまうのではないか?という計算になりますが、中古マンションの場合には、築15年以上は築30年になるまではほとんど価値は下がらないという特徴があります。

分譲マンションは素材面でも優れている

中古マンションを購入する場合、築15年未満のものを購入する場合、住んでいる期間内にどんどん価値は下降することは理解しておかなければいけません。

 

しかし、すでに築15年を迎えている物件を購入して自分でリノベーションをすれば、物件自体の価値が大幅に下降する心配はありませんし、リノベーションしたことによって価格がアップして売却する際には買い手が見つかりやすくなるというメリットが期待できます。

 

また、中古マンションを購入する場合、毎月かかる住居費は同じでも、賃貸用に建設されたマンションよりもよりステキな生活空間で生活することができます。

 

賃貸用に建てられているマンションの場合、素材などはリーズナブルなものが使われることが多く、壁なども薄く、住み心地という点では分譲住宅にはかなわないものです。

 

たとえ築年数が建っている中古マンションでも、分譲タイプを購入することによってハイグレードな生活空間をリーズナブルに手に入れることができます。

 

もともとの素材が良く、構造もしっかりしていることが多い分譲マンションなら、長く住むには快適なのではないでしょうか。

更新履歴