資産価値という点から中古マンションをチェック

中古マンションの広告などで私たちが目にする価格は、一般に売り出し価格と言われているものです。

 

これは、中古マンションの分譲の広告などに掲載されているもので、売り主や不動産業者が「このエリアでこの物件なら、きっとこのぐらいで売却できるでしょう」という予想価格となっています。

スポンサーリンク

しかし、中古マンションには他にもいくつかの価格が存在することはご存知でしょうか。

 

その一つは、査定価格と呼ばれるものです。

 

査定価格というのは、中古マンションの査定を行う専門家が「このマンションの価値はいくらです」と決めた価格のことです。

 

中古マンションの価値は査定を行う人によって微妙に異なるため、どの査定業者に依頼するかによってマンションの価値は変わりますし、売り出し価格は査定価格に基づいていることが多いので、売り出し価格にも多少の影響があります。

売り主希望価格とは

もう一つ、売り主希望価格があります。

 

これは、マンションの所有者が希望する価格で、多くの場合には住宅ローンの残額と比較して決められることが多くなっています。

 

例えば、住宅ローンがたくさん残っている売主なら、査定価格よりも高い事は分かっていても売却することでマイナスにならないようにしたいと思うのは当然ですし、逆に売主がどうしても今すぐに売却したいという物件なら、査定価格や売り出し価格よりも低い金額でたたき売りしてもかまわないと考えるかもしれません。

 

中古マンションを購入する際には、売り出し価格だけにとらわれずに、そのマンションの価値が本当はいくらあるのかを見極めるために査定価格も合わせてチェックすることが大切です。

 

人気が高いエリアだと、査定価格よりも高い売り出し価格でも買い手がすぐに見つかることが多いので、こうしたエリアで中古マンションを探している人は、内見した部屋を購入しようかどうしようかとのんびり考えている間に別の買い手がついてしまうことも考えられますから、できるだけ即決することを心がけたほうが良いでしょう。

 

一方、それほど人気が高くないエリアなら、査定価格での購入ができるように価格交渉もしやすくなります。