中古マンションのロケーション(立地)

中古マンションは、ロケーション(立地)によって価格に大きな差がつくものです。

 

同じ駅でも駅から近い物件ほど価格は高くなりやすいですし、バスを使わなければ最寄りの駅に行けない物件よりは徒歩でいける距離の方が人気があります。

スポンサーリンク

電車通勤している人なら、毎日の通勤のことを考えれば、やはりできるだけ駅から近い方が便利なものです。

 

また、同じ「駅から徒歩5分」という物件でも、快速電車が停車する駅の方が価格は高くなりますから、中古マンションを選ぶ際にはいろいろな方向から実際に通勤している自分をイメージしながら物件選びをするのが良いでしょう。

自分のライフスタイルに合わせる

駅近な中古マンションが必ずしも便利というわけではありません。

 

最寄り駅に行くにはバスに乗らなければいけない物件でも、場合によっては意外と便利だったということはあるものです。

 

例えば、中古マンションの中には、マンションの目の前にバス停があったりして、乗り降りが面倒でなければ駅まで何分も歩くよりもずっと便利ということもあるでしょう。

 

また、通勤で電車を使っている人なら出来るだけ駅の近くに住みたいと考えることが多いのですが、マイカー通勤をしている人なら、駅のそばは道路が渋滞しやすいですから駅から離れている方が便利だと感じるかもしれません。

 

大切なのは、自分のライフスタイルに合わせて中古マンションのロケーションを選ぶということなのです。

 

中古マンションの周囲にどんな施設があるのかも、ロケーション選びではとても大切です。

 

共働きをしているカップルなら、自宅のすぐそばに保育所があればとても便利ですし、子どもの通学を考えると学校がそばにあるロケーションで中古マンションを探したいでしょう。

 

公園などは小さな子どもがいる家庭ならチェックしたいポイントになりますが、女性の一人暮らしの場合には通勤経路に公園があったりすると、暗くなると一人歩きは躊躇してしまうかもしれません。

 

ライフスタイルによって理想的なロケーションは異なるのです。