マンションの向きはどうやって決めるのか?

中古マンションの販売では、最も人気が高いのは南向きで、その次に人気が高いのは東向きとなっています。

 

角部屋なら、南東向きの部屋の方が北東や北西を向いた部屋よりも価格が高くなっていたりしますし、人気が高くて新築マンション販売ではあっという間に完売してしまったりもするものです。

スポンサーリンク

南向きという方角は、確かに天気が良い日ならお昼の時間を中心にして太陽の光がサンサンと入ってくる方角です。

 

日当たりが良くて気持ちが良いですし、何よりも部屋に光が入ることによって気分が明るく上向きになります。

 

南の次に人気の東向きは、朝日が入る方角で、午前中にたっぷり太陽の光を浴びたい人なら東向きがおすすめと言えます。

 

その一方で、北向きは直射日光が入らずに寒々と冷えたイメージがありますし、西向きは午後から日没にかけてまぶしい西日が入ることから、日本人にはあまり好かれていない方角です。

暮らしやすい方角を見つけよう

しかし、中古マンションの向きは、住んでいる地域によってどの方角が暮らしやすいかが異なります。

 

日本国内で大人気の南向きは、夏に暑くなるような地域では室内が熱くなりやすく、エアコンなどの光熱費がかなりかさばってしまう傾向があります。

 

寒い地域では、南向きなら日光によって部屋を暖めることができるので光熱費の節約にもつながりますが、温暖な地域では南向きを選ぶことで光熱費などの諸費用も高くなることは理解しておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに東南アジアなど温暖な地域では、南向きの部屋はお手伝いさんの部屋として使われるなど、イマイチ人気が低い方角となっています。

 

同じ中古マンションでも、南向きと北向きの部屋では室内の温度がずいぶん違うようです。

 

寒がりの人なら南向きとか西向きなど室内の温度が高くなりやすい方角を選べば暮らしやすいでしょう。

 

一方、暑がりの人ならあえて北向きの部屋を選べば、夏には南向きほど室内温度が高くなりませんから、暑い季節を快適に過ごしやすくなります。