中古マンションと耐震性

数年前の東日本大震災の被害を目の当たりにして、地震の怖さを再認識した人は多いものです。

 

分譲マンションの販売でも新築マンションの多くは耐震構造が強化されたものが人気となっているため、中古マンションの購入を考えている人にとっては、建物の耐震性がどこまで信頼できるのか、やはり心配な所ではないでしょうか。

スポンサーリンク

日本では、1981年に耐震基準が法律によって強化されています。

 

そのため、この年以降に建築されたマンションなら、耐震に関しては基準を満たしているので一応は安心できそうです。

 

もちろん、建築技術や耐震技術も進化しているので、築年数が浅いマンションなら、耐震技術もより最新のものが採用されている可能性は高いですが、必ずしも築年数が浅い建物の方が耐震に優れているというわけではないので気を付けましょう。

 

中古マンションを選ぶ際には、耐震構造や耐震技術という点でもしっかりとチェックをし、納得した上でマンションを選びたいものです。

高層階は家具の倒壊予防を

一般的に日本の建造物は、地震が起こった場合には、竹のようにしなやかに衝撃や振動を吸収してくれる構造になっていることが多いようです。

 

欧米においてはこうした耐震設計になっていないので、地震などの横揺れが起こると高層ビルなどはポッキリと折れてしまうリスクがありますが、日本の耐震設計ビルではそうした心配は少なくなっています。

 

しかし、高層階になればやはり地震の際に体感する揺れはどうしても大きくなってしまいます。

 

そのため、中古マンションで高層階を購入する場合には、地震でも家具の倒壊を防ぐための対策はしっかり行う必要があります。

 

低層階ではほとんど倒壊被害がない地震でも、高層階だと被害が出てしまうということは十分に想定できます。

 

また、地震とは関係ありませんが、高層階を購入するとエレベーター故障やメンテナンス中には、階段を使わなければいけないこともあるでしょう。

 

そうした万が一のことも考えて階を選びたいものです。