自分にとって「よい立地条件」を考えよう

中古マンションを購入する時には、自分のライフスタイルにとって理想的な立地条件で物件を見つけたいものです。

 

立地条件というと、多くの人は「駅近なロケーションで交通に便利で」「ショップやモール、病院などの施設がすぐそばにあり」「緑が多くて周囲の環境が良い」ロケーションをイメージするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

計画的にマンション群が形成されているエリアなら、これらすべてを兼ね備えている立地条件の中古マンションを見つけることができるかもしれませんが、多くの場合、なかなかすべてを兼ね備えている物件は見つけるのが難しいものです。

 

そこで、中古マンションの立地条件が自分のライフスタイルにどのぐらいあっているのかをチェックするためには、最初に自分のライフスタイルを把握することが大切です。

 

単身世帯の場合には、通勤の手段はどうなのか、勤務時間と通勤時間、交通手段はどうなのか、近くにコンビニがあるか、駅まで徒歩の場合には通勤経路の安全性などをチェックすることが大切です。

家族構成によって重要度が変わる

緑がある公園などは、家族連れにとってはぜひ欲しいマストアイテムになることが多いのですが、単身世帯の場合には公園で遊ぶことはほとんどないでしょうし、暗い夜間には安全面で問題になる可能性も考えられます。

 

できれば、駅からの帰り道が暗くなるスポットが無い物件を選んだほうが安心でしょう。

 

家族連れの場合には、立地条件でも駅からの距離よりはすぐそばに保育園や幼稚園、学校があるかどうか、子どもが遊べる公園があるかどうかという点を重視したいものです。

 

ただし、毎日駅まで送迎が必要になるのでは不便ですから、通勤経路もきちんと確保して、大人にとっても子どもにとっても暮らしやすい立地条件で中古マンションを見つけたいものです。

 

中古マンションを購入する場合には、少しでも広くて状態が良い物件をリーズナブルに購入するために、都市部よりも離れてあえて郊外に物件を探す人がたくさんいます。

 

それも選択肢の一つですが、通勤時間がそれまでよりも何時間も増えてしまうような場合には、毎日の生活で自分にかかる精神的・体力的な負担も考えるようにしましょう。