複数の物件をみることが大切

中古マンションへの住み替えを検討する際には、1つの物件のみを見て買うか買わないかを決めるのではなく、かならず複数の物件をみて、いろいろな方向から比較検討することが必要です。

 

たくさんの物件をみることによって目を養うことができますし、比較ポイントが分かってきます。

スポンサーリンク

自分が実際にその中古マンションで住んでいる姿をイメージしながら、どうしても譲りたくない機能やポイントが分かりますし、ロケーションや間取り、広さ、価格などのバランスも把握しやすくなるでしょう。

 

中古マンションは、誰でも自由に物件に足を踏み入れることができるというわけではありません。

 

内見する際には不動産業者の人が立ち会うことが多く、じっくりと見られずに1日のうちに複数の物件をみることも多くなります。

 

急ぎ足で複数の物件を回ってしまうと、どの物件がどうだったのか自分でも把握しづらくなってしまい、何をチェックしたら良いのかが分からなくなってしまいます。

モデルルームは最高の見学場

そこでおすすめなのは、もしもマンションにモデルルームがある場合には、まずモデルルームをよく見るという方法です。

 

モデルルームの多くは、必要最低限の家具が入り、生活感を感じさせないオシャレなレイアウトになっている場合が多いですし、間取りも広くてオプションもすべて取り付けられていて、こんなマンションで生活したいなと見学者の気持ちをくすぐります。

 

実際にそこで生活している自分をイメージしながら、こんな機能がついていたら便利だなとか、間取りが自分にはあっているな、など具体的に気に入った場所と気に入らなかった場所、そして内見したことで見つけた希望個所などを書き出してみてください。

 

少しずつ、自分が求める中古マンションが見えてきます。

 

複数の物件を比較する際には、間取りや広さ、室内の状態をチェックするのに加えて、防音性や耐火性、耐震性など構造部分も忘れずにチェックしましょう。

 

その他には、駐車場や駐輪場、防犯性やセキュリティ面がどうなっているのか、エレベーターの位置などもチェックすると良いでしょう。