予算オーバーせずにワンランク上の生活をするコツ

中古マンションを探していると、ステキだな、住みたいなと思える物件はどれも予算オーバーでため息しか出てこない、という人は少なくありません。

 

中古マンションは、人気エリアや間取り、階数、駅からの距離など様々な要素によって価格が決められますが、自分がステキだなと思える物件はやはり多くの人が同じように感じているわけで、人気が高く、価格も高めになってしまうことが多いのです。

スポンサーリンク

しかし、予算オーバーすることなくワンランク上の生活をエンジョイできる方法があります。

 

それが、リノベーションという方法を選択する方法です。

 

中古マンションは、状態によって価格が決められるため、室内の状態が劣化すればするほど購入価格は低くなります。

 

また、室内の状態が良くないことは売り手も良く承知していますから、価格を交渉すればより低価格で購入することも可能です。

リノベーションを前提とするメリット

状態があまり良くないということは売り手にとってはマイナスの要素となりますが、リノベーションを前提に購入することを考えている買い手にとっては、あえて状態が良い物件を購入するよりもずっとお得で効率的なお買い物ということになります。

 

リノベーションを前提に中古マンションを購入する場合には、購入する前に自分が考えているリノベーションが可能かどうか、管理組合に確認しておく必要があります。

 

リノベーションの作業が始まると、騒音などの心配もありますし、分譲マンションと言っても集合住宅なので、場合によっては希望していても認められていないリノベーションもあるかもしれません。

 

買った後で「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、契約前にリノベーションのイメージ通りに施工することが許可されているのかを確認しておきましょう。

 

また、リノベーションにかかる予算建ても必要です。

 

ある程度どの中古マンションにするか気持ちがかたまって来たら、リノベーションをする施工業者を連れて一度内見するか、室内の写真を撮って施工業者にリノベーションの見積もりを取ってもらうと良いでしょう。