リフォーム済みを選ぶか購入後にリフォームするか

中古マンションを購入するポイントとして、リフォーム済みを選ぶか、それとも購入後に住みやすい環境にするために別途でリフオームをするか、があります。

 

両者に共通して確認すべき点として、マンションの管理組合から建物全体のメンテナンスの履歴を取り寄せて確認すことが大切です。

スポンサーリンク

築年数にもよりますが、外壁や浄化槽など共有部分の定期的なメンテナンスが行われていることを確認しましょう。

 

メンテナンスの予定があればそれも確認しておくと、購入した場合の引っ越し日と重なる心配がなくなります。

 

リフォームされていない中古マンションの場合、破損・汚れなどでリフォームが必要な箇所が確認できた場合には、販売業者側でリフォームをしてくれるのか、自費になるかなどの確認も必要です。

 

購入の算段や引っ越しの手間や手続きがあるので、費用が加算されれてもリフォーム済みでの購入したほうがスムーズに引っ越しができます。

 

それに、割高になったとしても、購入後のリフォーム費用は住宅ローン適用外なので、別途でローンを組むなどして費用捻出をしなければなりません。

 

見積書を確認しよう

対して、すぐにでも引っ越せる状態の中古マンションについては、リフォーム済みとなっている場合、作業内容、見積書の確認が必須です。

 

見積書通りに住居が回復しているのか、適切な工事が行われたかどうかの確認は欠かせません。

 

開示を拒まれた場合は、どんなに間取りが気に入ったとしても購入は見合わせたほうが安心です。

 

内覧するときには、すでに空き家になっている物件のほうがリフオームが必要か否かを見極めやすいです。

 

住居中の場合には、間取りの確認はできますが、家具が配置されている分細かい部分のチェックができません。

 

冷蔵庫の裏、キッチンの下など水回りの劣化具合がわかりませんし、家具がある部分の汚れ具合、床のキズなども確認できません。

 

このような場合には、間取りや日当たりのみの確認にとどめておき、契約は空き家になってから改めて内覧をして状態のチェックをしたほうが良いでしょう。