セキュリティー面のチェック

築年数に関係なくセキュリテイーは購入条件から外すことはできません。

 

中古マンションの購入にかかわらず安心して生活をするためには、セキュリティーのしっかりした環境や設備が大切です。

スポンサーリンク

基本的なチェックポイントは、建物全体の入り口がオートロックになっている、24時間体制で管理人が常駐している、戸別の玄関にはダブルキー・オートロック・最新のいずれかを採用していて交換済み、防犯カメラが設置されている、非常口にも防犯対策がとられている、警備会社と契約をしている、等があげられます。

 

盗聴器のチェックもしてもらうと更に安心です。

 

来客の多い家では不便かもしれませんが、建物の入り口がオートロックでなく戸別の玄関まで不特定多数の人が自由に出入りできないほうがセキュリティーの観点からは安全性が高くなります。

 

そして、管理人が通いのところもあり、その場合には毎月の諸経費が少し安くなっています。

 

しかし、安全性を考えると24時間体制のほうが良いでしょう。

セキュリティーは堅牢すぎる方が良い

防犯カメラは入り口やエントランスだけでなく、各フロアやエレベータ、非常口にも設置してあるほうが望ましいので、内覧時には設置場所や台数は要チェックです。

 

セキュリティーは堅牢すぎてるということはありません。

 

警備会社との契約状況も確認しておきたい項目です。

 

中古マンションの購入で特に重要なのは、鍵です。

 

オートロックの入り口だから玄関の鍵は特に気にしないというのではなく、玄関の鍵もダブルキー担っていたり、オートロック担っている方が安全ですし、購入時には鍵の交換がされていることが望ましいです。

 

マンションによっては鍵の交換ができないところもあるので、鍵は重要なチェックポイントとなります。

 

盗聴器のチェックは販売・仲介業者で実施していない場合が多いので購入後に各自で業者の手配が必要なこともあります。

 

内覧時に販売・仲介業者に相談してみると良いかもしれません。

 

前に住人がどのような人なのかわからないので、盗聴器のチェックもきちんとしておくと更に安全性が高くなります。