駐輪所はトラブルが起こりやすい場所

ライフスタイルによっては、普段の生活で自動車ではなく自転車の方が便利という人はたくさんいます。

 

中古マンションを購入する時、自動車を持っている場合には、中古マンションの購入に伴って敷地内に駐車場を確保できるかどうかはとても大切なポイントになりますが、自転車の場合には駐車場ではなく駐輪所の状態もしっかりチェックしておきたいものです。

スポンサーリンク

自転車の場合、自動車のように場所を取りませんし、駐輪所がNGなら自宅で管理すれば良いかなと安易に考え、実際に引っ越すまで駐輪所を一度も見ていないということが多いようです。

 

しかし、実際には集団生活をする中古マンションでは、駐輪所でのトラブルがとても多く、自転車のトラブルから人間関係が悪化して生活しにくくなってしまったということは少なくありません。

 

トラブル解決に重要な管理会社

中古マンションの中には、駐輪所は特に場所が決まっているわけではなく自由に空いている場所に止めてOKという所もあるようですが、最近では駐車場のような感じで一つ一つの駐輪スペースを有料で借りるというスタイルになっている所が増えています。

 

この場合、外出から帰宅して自転車をとめようとした時に、自分のスペースに別の自転車が止められていたりすると、どうしてよいのか分かりませんし、とても困ってしまいます。

 

中古マンションの場合、敷地内では警察は介入することができませんから、自分の駐輪スペースに別の自転車が止まっていてもどうすることもできません。

 

そのため、困っているからと言って警察に連絡しても、対応してもらうことはできないのです。

 

この時、中古マンションの管理会社がきちんと機能していれば、管理会社に連絡をして迅速な対応をしてもらうことができるのですが、中古マンションによっては管理会社が機能しておらずに、対応を依頼しても満足できる対応をしてもらえないこともあるようです。

 

中古マンションを選ぶ際には、管理会社がきちんと機能しているかどうかをチェックすることはとても大切なことです。

 

駐輪所のスペースが原因で近所とのトラブルを引き起こすなんて嫌なものです。